債務整理とは何だろう?

皆さんも、最近よく債務整理という言葉を見聞きすることだと思いますが、債務整理とは何でしょうか。

これは借金問題を解決する手続きのことで、具体的には、法的債務整理(任意整理、特定調停、個人再生、自己破産などがある)手続により、借金を無くしたり、大幅に減額したりすることを言います。

この手続をすることで、場合によっては不当に払い過ぎていたお金を取り戻せる場合があります。

利息制限法に違反している高金利のヤミ金などに、何年にも渡って返済をしていた場合、払いすぎていたお金(過払い金)が発生する場合がありますが、この過払い金は、債権者との交渉や訴訟によって取り戻すことができるお金なので、債務整理をすることで取り戻すことができるのです。

もし債務整理に興味があるなら、最寄の司法書士事務所に相談することで実行できます。

ただ任意整理をすると、5年程度は信用情報機関のブラックリストに載ってしまうので、新たな借り入れができなくなるというデメリットも発生してきますから、そのあたりは注意が必要です。

 

債務整理には色々な種類がありますが、その中でも過払い金を返還すると言うものも多いと思います。注意しておきたい事としては、早めに過払い金の返還請求しなければならないということでしょう。

というのも、過払い金を返還請求するとはいっても、請求先がなくなってしまう可能性もあるからなのです。

最近では多くの人が過払い金の返還請求を行っていますから、それによって業者によっては経営状態が悪くなっている可能性もあるのです。

もしもお金を借りた先の業者が倒産してしまった場合には、過払い金の返還請求をする先がなくなってしまうのです。

なぜ過払い金というものが存在するのかというと、これには出資法利息制限法という二つの法律が関係しています。

貸す側は出資法の範囲で貸しているのですが、この金利が利息制限法を越えていることが多いのです。利息制限法の金利を超えた事によって生じた利息については、返還請求を行うことができるのです。

 

即日融資の指南書 今すぐお金が必要な方へ