バレンタインデーの由来と歴史

女性が男性に愛を告白する、というイベントで毎年盛り上がるバレンタインデー。

2月14日近くになると、スーパーマーケットやコンビニエンスストアはチョコレート売り場が目に付きます。

日本に限らず世界的に特別な日とされており、男女の愛を誓い合う日なのだそうです。

起源はとても古く、ローマ皇帝の時代までさかのぼります。

269年、ローマ皇帝の時代に殉教した、バレンタティヌスの記念日であったとされ、バレンタインという名前もここに由来します。

それが何故愛の日になったのかといえば、バレンタティヌスの殉教していた理由というのが大きな要因でした。

ローマ皇帝の下では兵士同士の結婚は認められていませんでしたが、バレンタティヌスが兵士を結婚させてしまったのだそうです。

バレンタティヌスが処刑されたのは、これが理由だと言われています。

とても悲しい由来ですが、こんなに前の逸話が現代に語り継がれていることは非常に面白いことです。

日本では、バレンタインデーといえば女性が男性へチョコレートを渡すという風習が一般的です。

この風習が定着したのは、チョコレートメーカーがブームを作り上げたからだそうです。

現に、世界では男性から女性へ告白するという国もあるようですし、性別問わずプレゼントを贈るという国もあります。

バレンタインデーの風習が、国によって違うというのも面白いです。

気の遠くなるようなバレンタインの歴史に思いを馳せ、バレンタインデーを楽しみたいところです。

 

福島孝徳先生

Comments are closed.