子供が増えたら部屋を増やしたくなる

結婚を機に3LDKの戸建を買った夫婦がいたとします。

リビングダイニングキッチンと、夫婦の寝室、書斎、将来の子供部屋、といった風に考えての設計です。

そして数年後、子供が2人生まれ、子供部屋を作っておいてよかった、などと話しあうかもしれません。

けれど、子供が小学生になって学習机を置くころには、パパの書斎をもうひとつの子供部屋にしてはダメかしら、なんて話になっているはずです。

家を建てる段階で子供の人数がはっきり決まっていない、ということは、それほど珍しいことではありません。

そして、子供が多くなると、やはり子供部屋は1部屋では足りなくなります。

物理的に、学習机やベッドを人数分置けない、ということもありますし、男女の兄弟だった場合、同じ部屋にしておくわけにもいかなくなってきます。

男同士や女同士だって、多感な思春期に入ってくれば、ひとりの空間を持ちたいと思うようになるでしょう。

これが、3人や4人兄弟になっても同じことで、子供たちは結局ひとりずつ自分の部屋を欲しがります。

こういう時に役に立つのがリフォームです。

8畳の子供部屋を4畳ふたつにわける、ということを後から可能にするのがリフォームなんですね。

4畳なんて……と思うかもしれませんが、子供からしたら、8畳の2人部屋よりも、4畳のひとり部屋の方がずっと良いんです。

リフォームを効果的に使って、その時々の家族構成にあった住まいにしていくのが、快適に過ごしていく上でのポイントなんです。

 

スポンサードリンク
リフォーム 大阪

Comments are closed.