読む目的が大切です

なぜ本を読むのかを考えましょう。

フォトリーディングでは目的を設定するのも大切になってくると言われています。

「目的」と言われると大袈裟なものに感じてしまう人もいるかもしれませんが、その本を読んで何を得たいのか。

自分自身どのような情報を知りたいのか。

また、どのくらい知りたいのか。

程度の問題も出てくるでしょうね。

そこまでしっかりと設定する事で、フォトリーディングのモチベーション、さらには具体的な方法が大きく変わってくると言っても過言ではありません。

何を得たいのかによって、文章の重要な部分が変わってきますから、どの部分を読むべきなのかが変わってくるでしょう。

例えば情報誌で株価を知りたい。

そのような時、株価以外の部分を読んでも自分自身が知りたい情報を頭に入れる事は出来ませんよね。

「株価が知りたい」という目的があれば株価の部分をピックアップしていくでしょうから、フォトリーディングがとても捗るのです。

目的を持たずにフォトリーディングを行っても、具体的にどのような情報を頭に入れるべきなのかが解っていませんから、何が大切なのか。

つまりはどの部分をピックアップしていけば良いのか解らないでしょうからね。

ですので、しっかりと目的を持つようにしましょう。

 

参考になるHP
フォトリーディング
フォトリーディングの効果を実感する方法
速読術 – Wikipedia

Comments are closed.